2006年 09月 27日

引越しのご案内 18.9.27

沖縄に来てから二つ目のブログも満杯となりましたので引っ越します。
「美わしの琉球3」においで下さい。今後とも、沖縄の魅力を伝えられるように頑張りたいと思っています。
[PR]

# by grmay4 | 2006-09-27 22:02
2006年 09月 23日

中北部へ 18.9.10

f0039584_22143014.jpg

兄姉を中北部へ案内した。これからの3枚は沖縄市にある東南植物楽園で写した。
園内を回るバスから撮ったため、ぶれてしまったがここまでぶれたら面白い写真になった。

f0039584_2215367.jpg

オオゴチョウも感じの違った写真が撮れました。

f0039584_22152096.jpg

ホウオウボクも青空に映えていました。

f0039584_22160100.jpg

満座ビーチホテルから西側、遠くに本部半島が見えます。

f0039584_22174553.jpg

満座ビーチホテルはANAのリゾートホテル。オープンして10数年かな。

f0039584_22162949.jpg

ホテルの南側にある満座ビーチ、この辺の奥からやっと山の風景が見えてくる。
[PR]

# by grmay4 | 2006-09-23 22:41
2006年 09月 18日

18.9.9 渡嘉敷3

f0039584_2332332.jpg

スキャナーの画像よりもデジカメで写したほうがいいと気づいて、写真を差し替えます。
使い捨ての水中写真カメラを買って写した。1500円、写真はただシャッターを押しただけ。現像が終わってきたので、プリンターのスキャナーでパソコンに取り込んだ。画像は荒いが、雰囲気を味わってもらいたいと思います。くまのみ親子です。

f0039584_2334030.jpg

プリント写真をデジカメで写しました。
同じく餌をもらいに来た熱帯魚です。

f0039584_2134641.jpg

渡嘉敷村の、小、中学校と幼稚園。この他、阿波連小学校(22人在籍)があるようだ。渡嘉敷村の人口は740人程度、二十歳未満の子供は約20%の150人くらい、高校はないようですからここに120人くらいの子供たちが通っているのかな。村の同級生やその前後で知らない人はいないだろうから仲間意識の強い絆が生まれるのも当然だろう。

f0039584_2134182.jpg

翌日の9月10日に渡嘉敷村議会議員選挙が行われた。定数7に対し8人が立候補したため選挙となったようだ。この選挙ポスター、う~んローカルだなあ。カタカナの愛称がはやりなようだ。それ以上に「みのる」。おぬし、自信満々か、参加のみか!?
結果、ヤスヒロ120票、シマムラ81票、マサー(マサハル)79票、ハル(ハルキチ)68票、カズ(コミネゲンイチ:なぜカズかは不明)65票、タカ(タカヨシ)50票、テツヤ50票、そして我らが「みのる」は8票で惜敗でした。

f0039584_21343471.jpg

帰りのフェリーとサバニ型漁船

f0039584_2135349.jpg

フェリー「とかしき」のくじら。フェリー「ざまみ」とちょっとデザインが違っている。

f0039584_213551100.jpg

帰りのフェリー、那覇に近づいてきた。

f0039584_213651.jpg

行きにくぐった泊大橋をくぐってまもなく那覇港に入港です。
[PR]

# by grmay4 | 2006-09-18 22:36
2006年 09月 16日

18.9.9 渡嘉敷2

f0039584_1735394.jpg

まもなく接岸、迎えのバスなどが待っている。岸壁にいる人は阿波連ビーチに一番近いペンション サザンクロスのおじさんだ。スノーケルやパラソルなど借りると一つ1000円するが、値引き交渉KOです。頑張って値切りましょう。

f0039584_17355282.jpg

ビーチに入って正面です。ビーチはこの両側に広がっている。
今回わざわざここまで来たのは、このビーチはサンゴが目の前にあるのだ。少し黒っぽく見えるところがサンゴです。海水浴場でサンゴと熱帯魚を見る事が出来ます。熱帯魚も沢山いて、ソーセージをすりつぶしてやると群れで集まってきます。餌と間違えて足をつつかれたりします。すぐ近くの二箇所に「くまのみ」がいました。多分、親が2匹と子供が1匹の2組です。さすがに「くまのみ」まで見る事が出来て連れて来たかいがありました。
兄と姉は泳げないので、ジャケットを借りて初めてのスノーケル体験でした。ジェットスキーに引いてもらうビスケット(バナナボートを丸くした感じのやつです。写真の真ん中右に写っています。)も体験し、若者に負けずに遊べました。もちろん、一人落っこちてしまいましたけどね。

f0039584_1736427.jpg

パラソルにいつの間にか番ネコが見張ってくれていました。野良だとしたら毛並みがいい感じでしたね。

f0039584_17362499.jpg

ここは泊りがけで遊びに来る人が多いのだが、日帰りも出来る。フェリーで来ても3時間ほど遊べるのでけっこう満足できます。

f0039584_17363682.jpg

阿波連ビーチの北側にとかくしビーチがある。渡嘉敷港は島の東側で西側にある阿波連ビーチに行くには島を横断しなくてはならない。所要時間は10分ちょっと、途中でこのとかくしビーチが見える。絶景です。
トラックバック を設定しました。慶良間諸島18.7.27の3枚目がとかくしビーチ、4枚目が阿波連ビーチです。


f0039584_17364892.jpg

渡嘉敷港の西側にあるペンションだと思うが、くじらが群れていました。
[PR]

# by grmay4 | 2006-09-16 18:23
2006年 09月 13日

18.9.9 渡嘉敷

f0039584_21504783.jpg

兄と姉夫婦が遊びに来たので案内している。今日は渡嘉敷に海水浴だ。渡嘉敷までは、フェリーで1時間10分で着く、那覇の西にある慶良間諸島の中で一番大きい島だ。
写真は、那覇港から同じ慶良間諸島の座間味島に行くフェリーで渡嘉敷に行く船と同型船。

f0039584_2151515.jpg

慶良間諸島から北北西の離れた位置に粟国島がある。写真はそこに向うフェリー。港の海側にある泊大橋の下を通って出港だ。

f0039584_21511772.jpg

那覇港の客船乗り場は「とまりん」の愛称で呼ばれている。渡嘉敷行きのフェリーも出港のため離岸します。

f0039584_21513112.jpg

那覇港の護岸の端を抜けて東シナ海へ出る。小学生の子供たちも、期待にわくわくしているようでした。

f0039584_21514689.jpg

ここの海は黒潮です。黒潮とはよく名付けたと思います。

f0039584_21515677.jpg

渡嘉敷港が見えてきました。緑の多い素朴な島です。
[PR]

# by grmay4 | 2006-09-13 22:19
2006年 09月 03日

18.8.19/27 鳳凰木

f0039584_20335043.jpg

鳳凰木の花の時期は長いようだ。ただ、同じ木で長く咲くというのではなく、早く咲く木と遅く咲く木があるということだ。これほどの豪勢な咲き方をしている木を見るのは初めてだ。
ちょっと、あまりかなと思って写真をレタッチしたものに差し替えます。

f0039584_20342092.jpg

この花の魅力は濃い緑と鮮やかな朱色の組み合わせだと思う。どちらかというと、緑の割合が多い方が好みではある。

f0039584_20352967.jpg

月桃の実です。あのおっぱいの花の実だ。

f0039584_203678.jpg

27日に久しぶりにスノーケルで潜りにいった。那覇から南の糸満のリーフはサンゴの回復が遅い。サンゴが死んだのもこの付近の海の削屈や埋め立てによる泥がサンゴに積もったのが原因ではないかと思う。サザエも10個しか採れなかった。ただ、回復途中のサンゴに食いついているオニヒトデは多く、20数匹ほど退治した。

f0039584_20362522.jpg

ドラゴンフルーツ。赤と白色がある。赤の方がやや味があるが、両方ともさっぱり系。追熟させた方が甘みが出るような気がする。ドラゴンフルーツはサボテンの実で、育てるのは容易。そのため生産量が増え、今年は一気に値崩れしているようだ。
[PR]

# by grmay4 | 2006-09-03 21:21
2006年 08月 27日

せん 18.8.5

f0039584_2185923.jpg

夏休みは、せんの散歩と家の周りの雑草を抜くためにある。
散歩は近くの小川に行く。夏の暑さで、は~は~と息遣いの荒いせんを泳がすためだ。

f0039584_2183549.jpg

瀬戸内は沈降海岸なので海岸近くには平地が少ない。急斜面は棚田か、みかん畑だ。せんは小川の泥水で汚れてなさけない格好になりました。

f0039584_2191548.jpg

せんは何か投げてやれば取りに行くのだが、何もないので草を投げてやった。

f0039584_2192613.jpg

泳ぎながらもこちらを気にします。泳ぎは上手です。

f0039584_2193833.jpg

真夏だから、水の中は最高だわん。
[PR]

# by grmay4 | 2006-08-27 21:31
2006年 08月 20日

慶良間諸島 18.7.27

f0039584_1539538.jpg

7月27日に那覇の西にある慶良間諸島の写真を撮る機会を得た。慶良間諸島の周囲は珊瑚礁で有数のダイビングスポットだけあって、上空から見る海の色はなんともいえない美海でした。写真は阿嘉島のニシ浜ビーチ。

f0039584_15392644.jpg

阿嘉島の西から南にかけての海岸線。潜ってみたくなるでしょ。

f0039584_15394293.jpg

渡嘉敷島の、とかくしビーチ。なんともいえない海の色です。

f0039584_1540141.jpg

同じく渡嘉敷島の阿波連ビーチ。ビーチ内が珊瑚の生息地で、海水浴で珊瑚と熱帯魚が見られることから那覇から日帰りの海水浴客が多い。

f0039584_15401318.jpg

那覇と慶良間諸島の中間付近北側にチービシと呼ばれる無人島がある。写真で判るように、標高のほとんどない島が数島ある。絶好のダイビングスポットで、上陸ツアーでも楽しめる。

f0039584_15402479.jpg

チービシのずっと南にドーナツと呼ばれる珊瑚礁がある。行ってみたいよねえ。
[PR]

# by grmay4 | 2006-08-20 16:16
2006年 08月 03日

玉城城址 18.7.17

f0039584_22464351.jpg

受水走水(うきんじゅはいんじゅ)だ。「南城市玉城字百名(なんじょうし・たまぐすく・あざひゃくな)の海岸近くにある二つの泉で、西側を受水、東側を走水といいます。受水に面して御穂田(ミフーダ)とよばれる田んぼがあり、琉球における稲作発祥の地と伝えられています。」写真としてはしょうもない写真だが、美わしの琉球の紹介写真として見て下さい。すでに稲刈りも終わっていました。沖縄は水事情が悪いのですが、何箇所か湧き水のでる場所もあって認識を新たにしています。

f0039584_22465278.jpg

極楽鳥花の写真は何回か見てもらったと思うが、この日見かけた花はオレンジ色と違って、黄色だった。始めて見たのでアップします。

f0039584_2247828.jpg

今回の目的地の玉城城址の城壁です。他には何もないし、油断したら入り口を気づかずに通り過ぎてしまいます。一番特徴的な入り口の城壁です。

f0039584_22471781.jpg

玉城城址から見た南側の太平洋です。

f0039584_22472776.jpg

城壁の内側から撮る一番の写真です。

f0039584_2247406.jpg

額縁効果を狙って撮影していたら、見学の女性がいい具合にアクセントになってくれました。額縁の形はアフリカか南アメリカ大陸みたいだと思いました。
週末から夏休みをもらって山口に帰ります。2週間ほどブログもお休みになります。
[PR]

# by grmay4 | 2006-08-03 22:48
2006年 07月 29日

怪重機 18.7.17

f0039584_22535337.jpg

久しぶりに南部へ行った。以前、サティさんが書き込まれていた玉城城址の写真を撮ろうと思ったからだ。途中で見かけた重機に思わず一時停止して写した。写す前からタイトルが速攻で決まったのは初めてだ。

f0039584_2254295.jpg

いまにも怪獣が獲物に噛み付こうとする感じだよね。

f0039584_22541669.jpg

通り道なので平和祈念公園に立ち寄った。沖縄戦で亡くなった23万人余りの方々の名前を刻んだ平和の礎から太平洋側に平和のモニュメントがある。案内によると「平和の火」で、最初の米軍上陸地の阿嘉島で採取された火と広島の「平和の火」、長崎の「誓いの火」を合わせた火が灯るとあるが、火はよく判らなかった。

f0039584_22542578.jpg

プールにはアジアの地図が描かれ中心部の沖縄の位置に円錐形のオブジェ(平和の火)を配置してある。

f0039584_22543778.jpg

奥武島だ。今日はいかが干してあった。5枚千円との看板が出ていた。
前回干してあったサメの肉について聞いたら、焼いたり、燻製にしたり、砂糖醤油で煮込んだりして食べるそうだ。今度チャンスがあったら挑戦します。


f0039584_22545014.jpg

この日は、セーイカ(ソデイカ)を煮込んでいました。セーイカは、体長1メートル、重さが10キロ以上にもなる大型のイカです。沖縄に来たら食べてみて下さいね。
[PR]

# by grmay4 | 2006-07-29 23:36